11月の食材 チンゲン菜

  • 2019年 11月 3日

●チンゲン菜の栄養

β-カロテン抗がん作用や免疫割賦作用で知られており、体内でビタミンAに変換され、視力維持、髪や皮膚の健康維持、咽喉や肺など呼吸器系統を守る働きがあるとされています。
ビタミンC肌のくすみやシミの原因であるメラニン色素の生成を抑え、コラーゲンの合成を助け、ハリのある健康的な肌には欠かせない栄養です。免疫力をアップして、ガンや生活習慣病を予防する効能もあります。

●チンゲン菜の選び方 

  • 葉の色が濃緑色で葉の軸が短く密に葉が付いているもの。
  • 葉に厚みがあり株の根元付近がふっくらとしているものが甘みがあります。

●チンゲン菜の保存方法

調理するまでは乾燥しないように濡れた新聞紙などで包みビニール袋等に入れて、野菜室に根元を下にして立てて保存しましょう。

●チンゲン菜のおすすめの食べ方

β-カロテンは脂溶性ビタミンと呼ばれ油によく溶けるビタミンです。そのため、油を使った調理法がオススメ。
ビタミンCは水溶性で水に溶け出してしまう性質の為、溶け出した水分も一緒に取れる調理法が良いでしょう。
炒め物やおひたし、汁物などがオススメです。


11月の食材 しいたけ

  • 2019年 11月 3日

●しいたけの栄養

レンチナン :しいたけ特有の香り成分で、免疫力を高める効果が期待されます。
エリタデニン:血液中の悪玉コレステロール値を下げ、善玉コレステロール値を高め、総コレステロール値を下げる働きがあり、動脈硬化や高血圧の予防が期待されます。
エルゴステロール:ビタミンDにの元になる物質で日光(紫外線)をしいたけにあてるとビタミンDに変化します。

●しいたけの選び方

  • カサが開ききっていない厚みのある丸っこいもの。
  • カサの内側にあるヒダが白く綺麗なもの。
  • 袋やパック詰めされて内部が蒸れて水滴が付いているものは、傷み始めるのが早いので避けましょう。

●しいたけの保存方法

水気が付いていると傷みやすいので要注意!1つずつキッチンペーパーに包んでチャック袋に入れて冷蔵庫へ。
2~3日間天日干しをすると干ししいたけができます。
干すことでうまみ成分や香りも強くなってより美味しくなります。
冷凍保存する場合には、石づきを切り落とし一口大の大きさに切って小分けにして冷凍庫へ。約1ヶ月保存可能。

●しいたけの効果的な食べ方

きのこ類は水洗いするとうまみや栄養が損なわれる上に劣化も早くなる為、軽くふき取るか水でサッと流す程度にしましょう。
ビタミンDも含まれているため、油と一緒にとると吸収率を高めることができます。
しいたけの栄養素は水溶性の物が多いため、栄養素が溶け出た水分も一緒に食べることができる、スープ・鍋物・リゾット等の調理法もオススメです。


クッパ風ぞうすい

  • 2019年 11月 2日

材料(2人分)

  • チンゲン菜2株
  • 椎茸6つ
  • 人参1本
  • もやし1袋
  • 押し麦1膳分
  • 2カップ
  • 醤油大匙1/2
  • 豆板醤小匙2
  • 出汁昆布10cm

作り方

  1. 具材を食べやすい大きさに切る。 レシピを見る…

青梗菜ときのこの蒸し焼き

  • 2019年 11月 2日

材料(2人分)

  • チンゲン菜2株
  • 椎茸6つ
  • エリンギ2つ
  • 白ネギ1/2本
  • ★バター小匙1
  • ★酒小匙1
  • ★塩2つまみ
  • ★胡椒適量

作り方

  1. 具材を食べやすい大きさに切る。 レシピを見る…

イカとチンゲン菜のピリ辛炒め

  • 2019年 11月 2日

材料(2人分)

  • イカ200g
  • チンゲン菜2房
  • 人参1/8本
  • 椎茸2個
  • 生姜1片
  • ★味噌小匙1
  • ★豆板醤小匙1/2
  • ★酒大匙1
  • ★水大匙1
  • ごま油大匙1

作り方

  1. 食材を食べやすい大きさに切る。 レシピを見る…